ウォーキング・デッド10後半 第9話以降あらすじ(ネタバレ)

ウォーキング・デッド10

出典:ウォーキング・デッド シーズン10|FOX|FOX ネットワークス

※この記事は海外ドラマ「ウォーキング・デッド(The Walking Dead)」シーズン10の9話目以降のあらすじを書いているネタバレ記事です。

とっても人気があって有名な海外ドラマ、ウォーキング・デッド10の後半の放送が2020年の2月からスタート。
シーズン10の前半(第1話〜8話)は1話ごとに記事を書いてましたが、後半の9話目以降は出来るだけ1話ごとの文字数を絞って、このページに毎回追加していこうと思います。

ウォーキング・デッド10 第9話「暗闇」あらすじ

アルファにおびき寄せられたキャロルのせいで暗い洞窟の穴に落ちてしまったダリルたち。
キャロルも悪いが、どうして揃いも揃ってこんな罠にハマるのか?そっちのほうが不思議で仕方ない。

洞窟の穴はウォーカーだらけで困った彼らは脱出口を探すために洞窟の奥へ奥へと進んで行く。
閉所恐怖症の人が見たらものすごく不快な気分になりそうな、それはそれは本当に狭い穴を抜けてようやく出口を発見。

またまたキャロルの勝手な行動

しかしキャロルがいない・・・その直前に見つけたダイナマイトを持って勝手に洞窟を戻っていったことが判明。ダイナマイトを使って洞窟にいたウォーカーを潰そうと考えていた模様。
本当にこいつの勝手な行動にはもううんざり・・・

洞窟の中の崖から落ちそうになっていたキャロルは探しにきたダリルに助けられるが、もたもたしてる彼らを心配したコニーとマグナが突然崩れてきた洞窟の中に取り残されて生死も分からない事態に。
またしても勝手な行動をとってみんなに迷惑をかけたキャロルに対してダリルでさえもかなりイラついてる様子。

ウォーキング・デッド10 第10話「忍び寄る影」あらすじ

寝返ったガンマがアレクサンドリアへ投降。
疑われて牢屋に入れられるが、ガンマが自分の妹を殺した話をするとゲイブリエルは彼女を信じ、彼女の情報に基づいてダリルたちの救援に向かう。

ひとりでアルファたちに挑むダリル

コニーたちを助けるため?なのか良くわからないが、ひとりで行動してるダリルがアルファたちのグループを襲撃。しかし敵は複数なのでダリルも手傷を負ってかなり重症。
逃げたダリルをアルファがひとりで追ってくるが、彼女もまた重症を追ってるようだ。
結局同じ建物にいながらふたりともフラフラで気を失い、夜中にそこにやってきたリディアはアルファをそのままにしといてダリルだけ連れてその場を離れる。

ベータがアレクサンドリアを襲撃

ベータが地下の抜け道みたいなのを通り、裏切り者のガンマ奪還のためにアレクサンドリアへ侵入。
ベータは彼女を探しながら寝静まってるアレクサンドリアの人々を次から次へと殺す。
そして牢屋にいたガンマを奪って立ち去るが、森の中の道を歩いていた時にゲイブリエルたちの部隊と出くわして結局ベータだけ逃げる。

ウォーキング・デッド10 第11話「夜明けの明星」あらすじ

アーロン、ロジータ、ジュディス、メアリー(ガンマ)たちがアレクサンドリアからヒルトップへやってくる。
メアリーは自分の甥(置き去りにした赤ん坊)のアダムに会いたいと希望するが、アダムの親代わりになってるアール(鍛冶屋のおっさん)は怒って拒否する。
ダリルとリディアもヒルトップへ戻ってきて、アルファたちが攻めてくることが知らされる。

囁く者たちとの戦いが始まる

敵の方が数が圧倒的に多いので到底勝ち目はないのでオーシャンサイドへ避難することになるが、途中の道が倒木で塞がれていて通れずに断念。
仕方なくヒルトップで敵を迎え撃つことになり、住人たちは戦うための準備を急ピッチで進める。

やがてウォーカーの大群と囁く者たちが攻めてくる。
ヒルトップの住人は隊列を組んで戦うが、敵の火を使った作戦の前にあっさり退却を余儀なくされて壊滅状態に追い込まれて行く。

ウォーキング・デッド10 第12話「自由への道」あらすじ

火が放たれたヒルトップは壊滅状態に・・・
どんどんウォーカーがなだれ込んできて結局住人たちは退却を余儀なくされた。
人々は散り散りになって森の中を逃げて集合場所へ向かう。

メアリーの最後

メアリー(ガンマ)が他の仲間を助けるために森の中でウォーカーと戦っていると、ベータが突然現れて彼女をナイフで刺し殺す。
ベータはウォーカー化したメアリーを連れ帰ろうとするが、メアリーに救われたアルデンが遠くからメアリーの頭を弓矢で撃ち抜いて阻止。(そこまで百発百中なら、なんで先にベータを殺さないのですか・・・?)

アールの最後

アール(鍛冶屋のおっさん)は子供たちと森の中の廃墟に隠れるが、実はアール自身が重傷を負っていて、自分がウォーカーになって子供たちを襲わないように、自ら頭を尖った杭に打ちつけて死ぬ。
しかし、その方法では不十分だったようで、脳を破壊出来なかったアールは結局ウォーカーになってしまうが、ジュディスは冷静にこのウォーカーを倒す。

アルファの最後

ニーガンは「リディアを見つけた」と言って、他の人がいない小屋へアルファを連れ出し、油断していた彼女の首を切って殺す。
ニーガンがスパイだったってのは予想通りなんだが、え?マジで!?っていうくらいアルファがあっさり死んだ!!
彼は森の中をひとりで歩いていたキャロルの前に現れ、ウォーカー化したアルファの首を見せてニヤリ・・・

ウォーキング・デッド10 第13話「選択」あらすじ

たくさん武器があるというからバージルと一緒にわざわざ彼が住む島に行ったミショーンだったが、結局バージルが言っていたことは嘘で、ウォーカー化した彼の仲間の退治を手伝わされたりした挙げ句、彼の怒りを買って監禁されるハメに・・・
彼が運んできた食事を食べたら毒が入っていて幻覚に苦しんだりするミショーンだったが、隙をついて彼を倒して形勢逆転。

リックが生きていた!

バージルの案内でミショーンは打ち上げられた船を捜索し、リックが書いたらしきメモを発見。
その後無線でジュディスからのアドバイスを受け、彼女はアレクサンドリアへは戻らずリックを探す旅へ出ることを決意する。

ウォーキング・デッド10 第14話「公開の黄色い花」あらすじ

ニーガンはアレクサンドリアの人々に受け入れてもらうために、キャロルに言われるままに彼女のスパイとなってアルファを殺したのだった。
見事にミッションを成し遂げて戻ってきたニーガンだったが、キャロルは約束を守らずにひとりで何処かへ行く。

その後、森の中をひとりでうろうろしてるキャロルはアルファの幻覚を見るようになり、朽ち果てた小屋で崩れてきた屋根の下敷きになったところにウォーカーが寄ってきて絶体絶命。しかし結局火事場のクソ力で自ら瓦礫をどかして窮地を脱する。

ニーガンとダリル

リディアを閉じ込めておいた小屋に戻ってきたニーガンは待ち伏せしていたダリルに捕まる。
彼は疑いを晴らすためにアルファの首を刺しておいた棒のあるところへ案内するが、首は既にベータが持ち去っていた。

ふたりが口論していると、そこに銃を持った囁くものが数名現れ、ニーガンがアルファを殺したので次のアルファはニーガンだと言い出す。
しかしニーガンは隙をついて彼らを殺しダリルを助ける。
これでようやくダリルはニーガンのことを信じることにしたようだ。

ユージーンたちが旅立つ

ヒルトップから逃げて待ち合わせ場所で合流した人々。
ユージンは領域外の人と無線で通信していたことを明かし、ユミコとエゼキエルと共に馬に乗ってその領域外の人と会う約束をした場所へ向かうことになる。

昼夜進んで大きな街のあった場所へ辿り着いた彼らは、廃墟となった街のあちこちで、ウォーカーに衣装を着せてかつての生活を再現した遊び(?)のようなものを見る。
さらに街の中を進む彼らの前に、派手な格好をした女性が現れた。

ウォーキング・デッド10 第15話「復讐の足音」あらすじ

無線の相手との待ち合わせの場所に向かっているユージーンたちは大都市跡でプリンセスと名乗る女性と出会う。
彼女は他人とのコミュニケーションの取り方があまりうまくないタイプの人間だったが、最終的には信用できる人間だと判断して一緒に連れて行くことにする。

隠れ家の廃ビルに迫る囁く者

ベータはウォーカーの大群を連れてヒルトップの住人たちを追跡を始める。
ヒルトップの作戦では、囁く者をオーシャンサイド方面に誘導するはずだったが、ベータが途中で誘導されていることに気がつき、なぜかヒルトップが隠れている廃ビルを突き止めて迫ってくる。

Pagetop