キム・ディケンズの映画やドラマを観たい人にお勧めの動画配信サービス

マディソン・クラーク(フィアー・ザ・ウォーキング・デッド)

(C)2017 AMC Films Holdings LLC. All Rights Reserved.

キム・ディケンズ(Kim Dickens)は海外ドラマ「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」でマディソン・クラークを演じている女優。他には映画「インビジブル」や「ゴーン・ガール」などに出演している。

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドではメインキャストとして超タフな女性を演じているキム・ディケンズ。
このドラマではもともとは普通の母親だった彼女が、ゾンビだらけになった世界で自分の子供を守りつつサバイバルしているうちに才能が開花したかのようなカリスマ性や度胸を発揮し始め、他グループのリーダーにも一目おかれる存在にのし上がって行く。
はっきり言って極端でやり過ぎの行動も目立つキャラクターで、それが故に子供に一時期は見放されたりもするが、結局はそのカリスマ性に人々がついてくる強い母親の象徴として頑張っているのだ。

キム・ディケンズ出演作品配信状況

今回はキム・ディケンズが出演している映画やドラマをもっと観たい人向けの情報として、主要な動画配信サービス(VOD)で彼女の出演作品の配信本数を比較し、お勧めの動画配信サービスはどこなのかを調べた。
※本記事執筆時点(2018年12月10日)時点の情報です。配信作品は変更される可能性がありますので最新の情報は各動画配信サービスのオフィシャルサイトでご確認ください。

動画配信サービス名 海外ドラマ 映画
Hulu フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン1(2015)12/15まで なし
U-NEXT サン・オブ・アナーキー シーズン6(2013)※
サン・オブ・アナーキー シーズン7(2014)※
ハウス・オブ・カード シーズン3(2015)※
ハウス・オブ・カード シーズン4(2016)※
ハウス・オブ・カード シーズン5(2017)※
大いなる遺産(1998)
インビジブル(2000)
ギフト(2000)
砂と霧の家(2003)
しあわせの隠れ場所(2009)
ゴーン・ガール(2014)※
dTV サン・オブ・アナーキー シーズン6(2013)※
サン・オブ・アナーキー シーズン7(2014)※
ハウス・オブ・カード シーズン3(2015)12/16まで ※
ハウス・オブ・カード シーズン4(2016)12/16まで ※
ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2016)※
amazonプライム・ビデオ ハウス・オブ・カード シーズン3(2015)※
ハウス・オブ・カード シーズン4(2016)※
ハウス・オブ・カード シーズン5(2017)※
フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン1(2015)
フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン2(2016)
フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン3(2016)
フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン4(2017)
気まぐれな狂気(1997)※
マーキュリー・ライジング(1998)※
ゴーン・ガール(2014)※
ビデオマーケット ハウス・オブ・カード シーズン3(2015)※
ハウス・オブ・カード シーズン4(2016)※
ハウス・オブ・カード シーズン5(2017)※
気まぐれな狂気(1997)
マーキュリー・ライジング(1998)

※印は月額料金とは別にレンタル料金が必要になる作品

以上がキム・ディケンズが出演している映画とドラマの動画配信状況を表にまとめたものだ。

全体的な傾向

目立つのはHuluの寂しい状況と、amazonプライム・ビデオが「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」にやたら強いということだ。
Huluでも一応フィアーのシーズン1だけ配信しているがこれはもうすぐ配信終了となるし、amazonプライム・ビデオがこの状況の中で全シーズン見放題で配信しているというのは非常に特別感のある状況だと言えるだろう。

映画ではやはりU-NEXTが強い。
他の動画配信サービスがここまでキム・ディケンズ映画の配信が少ない中でU-NEXTだけが見放題対象で本数も多く、さすがに月額料金が一番高いだけのことはあるサービス内容と言ったところだ。

海外ドラマ

キム・ディケンズの代表作と言えばやはり「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」だが、海外ドラマ部門ではその他にも「LOST」「サン・オブ・アナーキー」「ホワイトカラー」「ハウス・オブ・カード」と言った有名ドラマに出演している。ただしこれらはメインキャストではなく1話〜数話のみの出演。

サン・オブ・アナーキーやハウス・オブ・カードは7〜8話出演しているようなので一応上の表に含めたが、LOSTやホワイトカラーはそれよりも少ない出演回数のようなので上記の表には含めなかった。
ちなみにLOSTについては本記事執筆時点ではHulu、amazonプライム・ビデオ、ビデオマーケットで配信していて、amazonプライム・ビデオとHuluでは見放題対象作品となっていた。

メインキャスト作品は少なめ

キム・ディケンズが出演している映画は「インビジブル」や「ゴーン・ガール」などが有名。
最近の映画として2014年の「ゴーン・ガール」はU-NEXTとamazonプライム・ビデオで配信していた。
これは小説が原作になっているミステリー映画で、キム・ディケンズは刑事役で出演している。

女優としてのキャリアは長い年月がありそれなりの数の作品に出演している彼女だが、特に映画ではメインキャストというほどの役柄で出演しているものはあまり無い模様。
そういった意味ではこの年齢でいきなり「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」のようなドラマの主役に抜擢されたのはかなりの出世だと言えるだろう。

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドは超有名ドラマ「ウォーキング・デッド」のスピンオフ作品だが、シーズン1は6話しかなかったところを見ると、最初は様子見でやってみて評判が良かったら続きを作る予定だったのかもしれない。
この作品がヒットしたことによってキム・ディケンズ自身の女優としての価値も一気に上がったことだろう。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
Pagetop