ビデオマーケットの特徴やメリットとデメリット

ビデオマーケットの特徴やメリットとデメリット

ビデオマーケット(Video Market)は当サイトの俳優別VOD比較コーナーでもよく紹介しているおすすめ動画配信サービス(VOD)のひとつで、映画作品の品揃えの多さはピカイチ。
この記事ではビデオマーケットの特徴、メリットやデメリットを詳しく紹介するが、まず最初に結論!

  • 映画(特に新作や話題作)を観る人は「プレミアムコース」がお勧め
  • 韓流を観る人は「プレミアム&見放題コース」も検討する価値あり

ビデオマーケットの特徴

ビデオマーケットは、「見放題対象動画」と「レンタル対象動画」があるタイプの動画配信サービスだ。
つまりシステム的にはU-NEXTと似ている。
ビデオマーケットの大きな特徴は以下の通り。

  • 作品数が飛び抜けて多い(20万本)
    参考:Huluは5万本、U-NEXTは13万本、dTVは12万本
  • 見放題作品は少ない(2万5千本)
    参考:Huluは5万本、U-NEXTは8万本、dTVは12万本
  • 新作や話題作の映画も充実しているが、ほとんどがレンタル作品
  • 見放題作品は韓流やパチスロ等が多い

見放題は少なくても、レンタル作品が非常に充実しているのは間違い無くメリットである。
例えばHuluは5万本の配信でその全てが見放題というシステムだが、俳優別VOD比較のそれぞれの俳優の比較表をみても分かる通り、映画作品が非常に少ない。(Huluは海外ドラマジャンルは充実している)
つまりHuluの場合、観たい映画があっても配信されていないため観たくても観れないことが多いが、ビデオマーケットの場合は、レンタル作品だったとしても観る手段は用意されているということだ。

ビデオマーケットの料金プラン

ビデオマーケットの標準的な料金プランは以下の2通りがある。

  • プレミアムコース 月額500円(税別)毎月540ポイント付与
  • プレミアム&見放題コース 月額980円(税別)毎月540ポイント付与

※その他に、NHK、FOD、携帯電話会社との連携によるプランがあるが、これらのコースは用途や対象者が限定的なのでここでは省略する。

前述の通り、ビデオマーケットには「見放題」と「レンタル」があるが、この「見放題」がその名の通り見放題になるのは「プレミアム&見放題コース」であって、「プレミアムコース」ではすべての動画が「レンタル」である。

プレミアムコース

プレミアムコースでは「見放題」という概念は無い。
配信されているすべての作品は1本につき数百円のレンタル料が必要。
つまりお店で1本ずつレンタルDVDを借りてきて観るという感覚に近い。
月額会費が税別500円(税込だと540円)だが、毎月540円分のポイントを貰えるので、定期的に映画やドラマを観るなら会費の分を損するということは無いだろう。

プレミアム&見放題コース

プレミアム&見放題コースは、上記「プレミアムコース」に加えて、見放題対象となっている動画を見放題で見れるコース。
見放題の対象作品は、ビデオマーケットのサイトで「U」という緑色の小さなアイコンがついている動画。
公式サイトによれば、現在ビデオマーケットで配信している動画の数は全体(見放題もレンタルもあわせて)で「20万本以上」となっているが、そのうち見放題対象作品は「2万5千本以上」となっている。

→参考記事:【2018年最新版】人気動画配信サービスを月額料金でランキング!コスパの高いVODはどれ?
→参考記事:見放題動画作品1本あたりの料金で動画配信サービスを比較した

お試し無料期間

お試し無料期間:初月0円
※お試し無料期間に解約すれば料金はかからない。

これは登録した月の月額料金が無料になるということ。
つまり月初に登録したほうが明らかにメリットが大きい。
月末に登録しても無料期間はほとんど無い。

例えば、他の主要動画配信サービスであるHuluは2週間無料、dTVやU-NEXTは31日間無料。
これらと比較するとビデオマーケットの初月0円というお試し期間の設定方法は登録する日を選ぶ必要があり、あまりお得とは言えない。
デメリットとも言えないが、他と比較するとメリットとも言えない。
→参考記事:動画配信サービスVODとは?メリットや各サービスの特徴と無料期間比較

なお、登録すると、初月無料期間にも540ポイントが付与される。
このポイントを使ってレンタル作品を観ることができるが、540ポイントの分よりももっと多くの動画を観たい場合は初月のお試し期間であっても別料金が発生する。

ビデオマーケットのポイント制度

ポイントの有効期限:発行されてから180日間

かなり余裕のある日数であり、メリットだと言えるだろう。

毎月540ポイントもらったとしても、もしその有効期限が短いと、忙しくて映画を見る時間がなかったり、観たい映画がなかったりした時にポイントが余ったまま失効してしまうという大きなデメリットが生じる。
しかし180日もあればそのようなデメリットがなくて安心。
180日ということは約半年。
半年も余裕があれば、その間に映画やドラマを観れる時間もあるだろうし、興味のある映画も見つかることだろう。

必要なポイント数

なお、ビデオマーケットのレンタル作品で必要になるポイント数は1本につき数百ポイント程度。
あくまで目安だが、30分の動画であればだいたい108ポイント~216ポイント程度。それよりも長編の動画であればだいたい324ポイント~432ポイント程度となっているようだ。

本記事執筆時点(2018年12月2日)の新作のポイントを見てみると、例えば「いぬやしき」(2018年11月02日配信開始)や「オーシャンズ8」(2018年11月07日配信開始)は432ポイントだが、「ミッション:インポッシブル フォールアウト」(2018年11月14日配信開始)は756ポイントとなっていた。
作品によってはかなり高めのポイントが必要な場合もあるようだ。

配信動画のジャンル分布

ビデオマーケットで配信されている作品数は20万本で、他の動画配信サービスと比較してもズバ抜けて多い。
しかし、これらのほとんどはレンタル作品なので見放題ではなく、1本ごとに数百円のレンタル料金が必要になる。
当サイトの俳優別VOD比較では動画配信サービスの俳優ごとの作品数を比較する表を作っているのだが、このための調査をしていると、ビデオマーケットに見放題作品は無いのではないか???という感覚に陥る。

見放題作品の多くは韓流など

それもそのはず。ビデオマーケットの見放題動画はほとんどが韓流やパチスロの動画等であって、当サイトで主に紹介している洋画ジャンルや海外ドラマジャンルに見放題作品は非常に少ないのだ。
そのため、自分の目当ての映画や海外ドラマが見放題になっているということは基本的に期待できずデメリットだと言える。

主に韓流の映画やドラマを観たいと考えている人は、登録する前に韓流ジャンルの作品をチェックしてみよう。
作品一覧の中で「U」という緑色の小さなアイコンがついている作品が見放題対象。
ドラマは話数も多いので、目当ての韓流ドラマなどが見放題になっているのであれば「プレミアム&見放題コース」がお得なのでメリットが大きい。

推奨視聴環境

ビデオマーケットの動画はPC、スマホ、タブレット、テレビで視聴することができる。
公式サイトで推奨されている視聴環境は以下の通り。

Windows 7
Windows 8.1
Google Chrome Ver53以降
Windows 10 Google Chrome Ver53以降
Internet Explorer 11
Microsoft Edge
Mac OS X 10.11以降 Google Chrome Ver53以降
Safari 9,10
スマホ、タブレット iOS 9以降
Android 4.4以降
テレビ Chromecast
Android TV
FireTV

プレステやWii Uのようなゲーム機での視聴には対応していないのがデメリット。
ゲーム機での視聴をメインで考えているなら他の動画配信サービスを考えたほうがいいだろう。
→参考記事:プレステ、Wii U、XBOXで海外ドラマを見れる動画配信サービスをまとめた

まとめ

ビデオマーケットの最大のメリットは、作品本数がズバ抜けて多く、新作や注目作の映画も充実しているということ。
しかしそのほとんどはレンタル作品であって、見放題対象の多くは韓流ドラマやパチスロ動画など。
つまり、韓流に興味がない人は「プレミアム&見放題コース」を選択してもデメリットが生じてしまうだろう。

逆に、月に1〜2本程度の新作映画を見る人は「プレミアムコース」なら月500円(税別)の会費も安いし、作品も充実しているので損することもなく、かなり便利に使える動画配信サービスだと言えるだろう。

結論!

映画(特に新作の洋画等)や海外ドラマが観たいなら「プレミアムコース」がおすすめ!
※出来るだけ月初に登録したほうが無料期間が長いためお得

Pagetop