Huluやamazonの動画の再生速度を変更して倍速再生する方法

Huluやamazonの動画の再生速度を変更して倍速再生する方法

動画配信サービス(VOD)の映画や海外ドラマを倍速表示したいケースはないだろうか。
この記事ではHuluやamazonプライム・ビデオの動画をPCブラウザのGoogle Chromeで再生する時、Google Chromeに拡張機能をインストールして、再生速度を1.3倍、1.5倍、2倍のように細かく調整する方法を解説する。

※以前はU-NEXTの動画もこの記事で解説する方法で速度調整できましたが、2018年11月20日頃にU-NEXTのWebサイトがリニューアルされ、拡張機能をインストールしなくても、U-NEXTの動画プレイヤーの標準機能として1.8倍速までの調整が可能になりました。それに伴い、本記事も状況に合わせて編集しました。

再生速度を調整したいケースとは?

もちろん普通に映画やドラマを見るだけなら、そのままのスピードで問題ないだろう。
しかし、例えば過去のエピソードを復習したい時、だいたい知ってるストーリーをたらたらと見るのはちょっとストレスがたまるのではないだろうか?
特に海外ドラマはだいたい1年に1回ずつ新しいシーズンが始まるが、1年前に観た過去のシーズンがどんな感じで終わったのか忘れてしまってることはよくあることと思う。

また、例えば当サイトのように映画やドラマのあらすじやレビューをブログに書いている場合、ちょっと前に観たものだと忘れてしまっているところがあるので復習しながら記事を書きたい時がある。
これもあくまで楽しむために観てるわけではなくて、思い出すためにだいたいの流れが分かればいいだけなので、通常のスピードだと時間ばかり無駄にかかってしまう感覚だ。

それ以外にも、単純に忙しいからさっさと観てしまいたい人や、会社や学校での話題についていくために国内ドラマをひと通りチェックしているだけの人もいるだろう。

ほとんどのVODの標準プレイヤーには装備されていない?

動画を観る目的はひとそれぞれ、そんな時にぜひプレイヤーに装備して欲しいと感じるのが倍速表示機能だ。
映画やドラマを、1.3倍、1.5倍、2倍、3倍などと速度を調整して再生できたらとても便利。

Mac版Google Chromeで確認したところ、現状ではHuluのブラウザ標準プレイヤーにはこの倍速再生機能は装備されていない。
他の動画配信サービスのプレイヤーがどうなっているのかは調べられていないのだが、U-NEXTは倍速機能が標準で備わっていて1.8倍速までの調整が可能。また、TSUTAYA TVの標準プレイヤーにも倍速再生機能があるらしい。(未確認)

Huluの動画プレイヤーには、30秒巻き戻し、10秒早送り、30秒早送りのようなボタンはあるのだが、それだと一気にそのポイントまでジャンプしてしまうので流れが分からないのだ。

Google Chromeの拡張機能「Video Speed Controller」

そんな時におすすめなのが、Google Chromeの拡張機能を使う方法である。
知らない人は知らないと思うので念のため書いておくと、PCブラウザには拡張機能というものをインストールしてどんどん高機能にカスタマイズしていくことができる。

Google Chromeというブラウザはほとんどの人が知っていると思うが、これの拡張機能に「Video Speed Controller」というものがあり、これをインストールすると上で書いたように動画の倍速表示が可能になるのだ!
さらに、2倍、3倍などと大雑把なスピードの変更ではなく、1.1倍、1.2倍、1.3倍のように細かく速度を調整することができる。

Video Speed Controllerのインストール方法

Google Chromeに拡張機能をインストールする方法はとても簡単である。
以下のスクリーンショットはMac版のGoogle Chrome。
まずはChromeウェブストア(拡張機能)へアクセスする。
普通に「Chromeウェブストア 拡張機能」などと検索すれば一番上に出てくる。

Chromeウェブストア(拡張機能)

左上の検索ボックスで「Video Speed Controller」を検索する。
下の画像の一番上に出ているのが今回インストールしたい拡張機能なので、右側にある「Chromeに追加」という青いボタンを押す。

「Video Speed Controller」をインストール

そして出てきた確認ウィンドウでアクセス可能な権限を確認してOKなら「拡張機能を追加」ボタンを押せばインストール完了だ。

倍速再生の速度調整方法

インストールしてから動画を再生すると、画面の左上のところに速度調整メニューが表示されている。
最初「1.00」と表示されているところにマウスオーバーすると、「+」や「ー」のメニューが出てくる。

倍速再生の速度調整方法

ここで「ー」を押せば、少しずつ速度は遅くなり、「+」を押せば、だんだん速度は速くなる。
実際に操作してみて、ちょうどいい速度を見つけてみよう。

倍速再生の速度調整方法

amazonプライム・ビデオの場合

amazonプライム・ビデオの動画の場合、上記のように画面左上の数字「1.00」にマウスオーバーやクリックをしても、「+」や「ー」のメニューが出てくるどころか何も変化しない。
最初はこの拡張機能はamazonプライム・ビデオでは使えないのかと諦めかけたのだが、色々試していたらショートカットでの操作ならきちんと倍速再生ができることが分かった。

私が使っているのはmac版のChromeだが、おそらくwindows版でも同じだと思う。
Video Speed Controllerの初期設定でのショートカットは、動画再生中にキーボードの「D」を押すと0.1倍速単位でスピードが速くなる。
逆に、キーボードの「S」を押すと0.1単位でスピードが遅くなる。
このショートカットはVideo Speed Controllerの設定画面(この拡張機能を有効にしていると、ブラウザウィンドウの右上あたりに表示されている赤い矢印のようなアイコンを押して「Settings」をクリック)で変更可能なようだが、特に問題なければこのまま使ってもいいと思う。


以上がChromeの拡張機能で再生スピードを変更する方法である。
今回はPCのブラウザで再生する時にスピードを調整する方法の紹介となったが、今後はぜひ標準プレイヤーや、アプリのプレイヤーでも再生スピードを変更できることを期待したいところだ。


本記事の更新履歴
2018.11.10 公開
2018.11.21 編集
2019.01.12 編集

Pagetop