dTVの特徴やメリットとデメリット

dTVの特徴やメリットとデメリット

dTVは携帯会社のdocomoが運営しているネット動画配信サービス(VOD)である。
ドコモの携帯を契約している人が使うサービスなのかな?と思いがちだがそんなことは無く、携帯会社に関わらず誰でも利用できる。
この記事ではdTVの特徴、メリット、デメリットを詳しく紹介する。
長い記事になるので最初に結論!

月額料金の安さ重視で、映画や海外ドラマは配信されているものの中から観れれば十分な人にお勧め!

dTVの無料お試し登録はこちら

dTVの特徴

dTVは「見放題対象動画」と「レンタル対象動画」があるタイプの動画配信サービスだが、U-NEXTやビデオマーケットのように「ポイント」という制度はないのが特徴。
そのためレンタル作品は現金で支払うシステムになっている。

  • 月額料金が安い
  • 作品数が多い(12万本)
    参考:Huluは5万本、U-NEXTは13万本、ビデオマーケットは20万本
  • 見放題作品も多い(12万本 ※)
    参考:Huluは5万本、U-NEXTは8万本、ビデオマーケットは2万5千本
  • 映画や海外ドラマはそんなに多くない?

※見放題作品とレンタル作品の内訳の数字が公式サイトで見つけることが出来なかった。
しかし公式サイトには「12万作品が月額500円(税抜)で見放題なのはdTVだけ」というキャッチコピーが随所に見られるため、おそらく12万という数字は見放題のことだと思われる。
レンタル作品が何本あるのかは不明だった。

dTVの無料お試し登録はこちら

数字だけを見ると1番良さそうだが・・・

見放題が12万本で500円(税抜)という数字だけを見ると、もう他のVODを検討する必要もなくdTVでいいんじゃないのか?みたいなイメージがある。
月額料金は確かに安い。
しかし、この12万本という作品数はあまり考えない方が良さそうだ。(理由は後述)

映画や海外ドラマの数は多くない?

当サイトでは俳優別VOD比較として、注目されている人気俳優ごとの出演映画やドラマの配信本数を、動画配信サービスごとに比較している。
そして多くの俳優について、配信映画やドラマの本数を調べていると、おそらくdTVは映画や海外ドラマの配信本数はそれほど多くないということに思い当たった。

疑問のイメージ

実際に俳優別VOD比較をご覧いただくとよく分かるのだが、dTVが配信本数で1位になったことが無いのだ。(当サイト調べ)
当サイトは主に洋画と海外ドラマに絞って紹介しているサイトのため、他ジャンルについては情報が少ないが、おそらくdTVの12万本という作品本数の内訳は、アニメ、韓流・華流、フィットネス、教養・バラエティ、音楽などの他のジャンルが多いのではないかと推測している。
そのため、もし映画や海外ドラマをメインで観たい人にとっては、そのジャンルの配信本数(配信内容)の少なさがデメリットになる可能性がある。

レンタル作品も合わせればまあまあ

俳優別VOD比較をご覧いただくと分かる通り、レンタル対象の作品も合わせれば、映画や海外ドラマの配信本数が極端に少ないわけではない。
いろいろな俳優ごとに比較しているが、いつも多くも少なくもない「まあまあの数」の作品数は確保されているようだ。

ただ、12万本は前述の通りおそらく見放題作品の本数で、これはかなり多い本数なので、やはり内訳としては映画や海外ドラマ以外へのジャンルの偏りにデメリットがあるのではないだろうか。

dTV会員でなくてもレンタルできる

レンタル作品はポイントではなく現金で支払うシステムなので、この点は他のVODよりも縛りが無いメリットがある。
レンタル作品はdTVの会員なくてもレンタルが可能になっているのも特徴だ。
ただしこの場合は購入した機器のみでの再生限定になるので注意しよう。

dTVの料金システム

月額500円(税抜)

dTVの料金プランはこのひとつ。
月額500円で12万本の動画が見放題というのはとても安い
例え映画や海外ドラマのジャンルでは観たい動画がそんなに無かったとしても、料金の安さを踏まえて考えるとコスパは良いと思う。

dTVの無料お試し登録はこちら

レンタル作品のレンタル料

レンタル料はいくらなのか調べてみると、映画だとだいたい400〜500円、ドラマだと1話につきだいたい200〜300円くらいのものが多いようだ。

ただし本記事執筆時点(2018年12月5日)では例えば海外ドラマ「ウォーキングデッド9」が1話につき100円になっていたり、新作映画「ミッション:インポッシブル フォールアウト」は700円だったりと、例外的に安かったり高かったりする作品もあった。

お試し無料期間

お試し無料期間:31日間無料
dTVの無料お試し登録はこちら
※お試し無料期間に解約すれば料金はかからない。

31日間のお試し無料期間を設けている。
これは最大級に長い日数なので、余裕を持ってお試しできるのがメリット。
これなら急いで判断するようなデメリットも避けられる。

これだけ余裕を持ってお試しすれば、自分の観たいジャンルの配信状況を把握することができると思うので、前述のような12万本の中のジャンルの内訳の不安は解消できるだろう。
自分の観たいジャンルが少なければ解約すればいいし、お試し期間中の解約なら料金はかからないので安心だ。

dTVのポイント制度

dTVに独自のポイント制度は無い。
レンタル対象作品を観る時は、普通に数百円のレンタル料を払って視聴する形になる。

ポイント制度のイメージ

独自のポイントはないが、月額料金の支払いによってdポイント又はドコモポイントを貯めることはできる。
ただし、月額料金にdポイント及びドコモポイントを利用することは出来ない。
また、レンタル作品のレンタル料金には、dポイントやドコモポイントを利用することは出来る。

対応機器一覧

対応機器は非常に充実しているのも特徴的だ。

Windows 7以上 Internet Explorer 11
Firefox 56.0以上
Edge 25.1以上
Chrome 59.0以上
Mac OS X 10.10.3以上 Safari 9以上
Firefox 56.0以上
Chrome 59.0以上
スマートフォン
タブレット
Android4.4以上
iOS9.0以上
※iPod touchは非対応
スマートテレビ
レコーダー
ソニー ブラビア
パナソニック ビエラ
パナソニック ディーガ
東芝 レグザ
船井電機 dTV対応テレビ
日立 Wooo
シャープ AQUOS
ハイセンス dTV対応テレビ
セットトップボックス
ストリーミングデバイス
Google Chromecast
Nexus Player
Amazon Fire TV
Amazon Fire TV Stick
Apple TV
ココロビジョンプレーヤー
ドコモテレビターミナル
dTVターミナル
ひかりTVチューナー
光BOX+

ゲーム機がないのがデメリットだが、スマートテレビ等の対応状況もきちんと公式サイトでアナウンスされていて安心感がある。

まとめ

レンタル作品は会員にならなくてもレンタルできる特徴を考えると、見放題とレンタルは完全に切り離して考えても良さそう。

月額500円(税抜)という安さは魅力的だが、ジャンル分布が気になる。
お試し無料登録で観たいジャンルの配信状況を確認してから考えよう!

自分の観たいジャンルが少なかったら、お試し期間中に解約すれば料金はかからないし、目当てのジャンルが充実しているなら、最高にコスパの良い動画配信サービスとして利用できる。
dTVの無料お試し登録はこちら

Pagetop